​現代に必要な理由

子供の運動能力が低下しています!
昭和60年と平成19年とを比較すると、体格を表す身長・体重は増加しているにも関わらず、
■握力
■50m走
■立ち幅跳び
■ソフトボール投げ
の全ての運動能力が低下しています。 

​身体を動かす機会が減っている

①核家族化
地域や家族のコミュニケーションが減り、人間関係の構築が苦手な子供が増えています。

 

②低年齢での塾通い
幼少時から塾や予備校など勉学に集中するあまり、体を動かす機会が減り、ストレスが溜り、感情コントロールが下手な子供が増えています。

 

③コンピューターゲームの使用増加
ゲームを頻繁に行う事で、外で遊ぶ機会が減ったり、寝不足など健康障害に陥っている人が増えています。

 

④物騒な世の中
様々な事件が多くなり、外で遊ぶ機会が減少しています。

 

⑤遊べる公園の減少
首都圏は特に人口が密集しており、マンションなどが増えたことで、公園が減り、思いっきり遊ぶ事のできるスペース(空間)が減少しています。

​脳・身体・心の一体感
​脳

脳を使いながら身体を動かす運動や想像力を鍛える質問で神経の発達と、

考える力を鍛えます。

​身体

七つのコーディネーション能力を元に

様々な運動を行うことで

​鍛えることができます。

挨拶やルールなどのコミュニケーションを重視することで

​人間力を鍛えます。

1/1

中央駅前店

​宇宿店

高見馬場本店