将来の可能性は今が決め手!

幼児時代から始まる将来の可能性

野球・サッカー・ダンス・チアダンス・バレエなどの、動きが複雑になる専門スポーツを行う以前に、様々な基礎的な運動を行うことで、

神経のつながりがよくなります。

神経回路が発達すると、新たに行うスポーツでも比較的スムーズにスキルを獲得する事ができます。

2~13歳頃の運動体験が将来のお子様の運動能力に大きく影響を与えるといえます。

​フィットネス先進国の欧米では

 

幼児期

発育発達論や生理学など医学的に裏付けされたコーディネーショントレーニングを取り入れ、様々な運動の基礎となる運動をたくさん行う。

 

児童期

シーズンを通して様々なスポーツを経験。一つのスポーツの熟練度が下がるため、なかなか目立った成長は見られない。しかし体力面や精神面などもバランス良く成長する。

 

青年期

このころから専門的・技術的なトレーニングをたくさん行う事で、徐々に頭角を現してくる。

1/1

中央駅前店

​宇宿店

高見馬場本店