• bello-info

プロテインでお腹を下すなら!!

こんにちはベロー鹿児島高見馬場の久郷です!!


プロテインを飲んでお腹を下すことはないですか?

僕自身はお腹を下すことはないのですが人によってはお腹を下し易いと思います。

その原因について紹介します。


〈乳糖不耐性」

乳糖不耐性の可能性があります。

乳糖不耐性とは牛乳などに含まれている乳糖を摂取することでお腹を下したり、消化不良で便通が緩くなってしまう症状のことです。


〈プロテインをとってからのお腹を下すまでの流れ〉

乳糖を含むプロテイン(ホエイやカゼインなど)を摂取すると小腸に存在するラクターゼによってガラクトースとグルコースに変換されます。

そこで小腸に吸収しやすい形に分解されて大腸へと進みます。

食べ物は基本的に小腸で吸収されるのですが上手く吸収できないと大腸に行ってしまうという形です。

大腸では水分のみを吸収するためそこまで乳糖が残されてしまうと大腸は異物と判断してしまい消化不良を残すといった形です。

一般に、大人になるとラクターゼ分泌が減少することが多いため、子供のころは冷たい牛乳も平気だったけど、大人になってからいけないという人がいるのも特徴です。

逆に子供のころから乳製品を続けてきた人はなりにくいといわれています。



〈解決策〉

・WPIプロテインとはWhey Protein Isolateといいタンパク質含有率が約90%と高く、お腹の不調になりやすい乳糖の含有率が低いプロテインです。(最初にWPIのプロテイン買う時はお店の人に聞いて買った方がいいです。間違え易いので)

・温かくしてラクターゼを活性化させる

・私個人の経験ですがプロテインを久しぶりに飲むとお腹を下しますが、飲み続けるとお腹を下さなくなりました♪(腸内環境の変化が原因かと思う)


是非試してみて下さい!!


早田トレーナーがWPIのプロテインをとっている理由はタンパク質がWPCより含まれているからが理由だそうです。脳筋ですね、、、




40回の閲覧