小さい頃からのトレーニングは一生物。

更新日:1月12日

皆さん、こんにちは!!


今回は小学生の時に必要なトレーニングについてお話ししようと思います!!


成長過程の小学生に無理なトレーニングをさせると、かえってケガにつながる可能性があります。

大人のような「筋力をつける筋トレ」をするには時期も早く、効果もあまり期待できないので、これはやってはいけないことです。


正しい動きで、自分のイメージしたとおりに体を動かすトレーニングが効果的です。


小学生はゴールデンエイジの真っ最中です!

ゴールデンエイジとは、運動神経や身体機能が著しく成長する時期のことです。

多くの場合、小学校3年生〜6年生がこの期間にあたります。

一方、小学校2年生までの3~8歳頃を「プレゴールデンエイジ」と呼びます。

この期間も神経系の発達に重要な時期になります!


小学生でトレーニングを行う際は、目的を間違ってはいけません。

小学生のトレーニングの目的はムキムキになるためでも、体を大きくするためでもなく、体の上手な使い方を体に覚えさせることになります。


運動能力の発達は12歳頃にほぼ100%完了してしまいます!

そのため、小学生の頃に得た能力は一生物になります。

成長してからのスタートではどうしても限界があります。


小さい時のトレーニングは自分の体にあったトレーニングを行ないましょう!!


次回のBELLOジュニアスポーツスクールは16日(日)です。

初回の体験は無料となっております!

お申し込みはHP・お電話・LINEからお待ちしております!




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示