• bello-info

脂質の役割

こんにちは!

BELLO鹿児島 高見馬場本店です。


皆さんは栄養バランスをよく考えながら食事していますか?


まず、そもそも栄養バランスの良い食事とは

五大栄養素を全て含んだ食事という事になります。


本日は先日に引き続き【脂質】についてお届けします


脂質の性質と働きとは:炭水化物、タンパク質と並ぶエネルギー産生栄養素のひとつです!

1gあたり約9kcalとタンパク質や糖質の約2倍のエネルギーをつくり出す、効率のよいエネルギー源です。

また、細胞膜やホルモンの構成成分として重要な栄養素で、脂溶性ビタミンの吸収を助けます!


役割としては→・体温の保持・内臓の保護


【脂質が不足すると…】

*発育の妨げられる

*体温が保ちにくくなる

*活動する力が弱まる

*身体の消耗が激しくなる

*脳も脂質(コレステロール)でできているため、コレステロールが低い方にうつ病になる傾向が高い


上記の様に不足すると身体にあらゆる変化が起きます


【脂質を取りすぎると…】

*脂肪として体内に蓄積される

*メタボリックシンドローム

*高血圧

*高血糖

*脂質代謝異常

*動脈硬化による冠動脈心疾患などの傾向がある



脂質のうち飽和脂肪酸は動物性脂肪に多く含まれ、悪玉コレステロールを増加させる原因になります。

従って動物性脂肪の摂り過ぎには注意が必要です。


【飽和脂肪酸】動物性食品に多く含まれます

常温下で固まる脂質です。

*肉類の脂肪

*バターなどの乳製品

*チョコレート

*ケーキなど


【不飽和脂肪酸】植物性食品や魚に多く含まれます

常温下で液体の脂質です。

*オリーブオイル

*大豆油

*紅花油、

*ごま油

*卵(卵黄)

*納豆

*さんま

*いわし

*さば など


そこで正しく脂質を摂取するには

まず自分の食生活を見直しましょう!


そして、脂質からのエネルギーは20から30%で摂取し、植物性の油脂を意識して適量の脂質を摂るようにしましょう


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示